haru and...

猫のようにだらけ、犬のように遊ぶ。

【犬・猫】無料ドッグランのあり方について少し考えてみる

まえがき

うちの犬、トイプードルの「こむぎ」さんはヘタレです。
同居猫のハルとビビには超強気のマウンティングかますのですが
野良猫とか他の犬達にはビビって近づけないし寄ってきてくれても
後ずさりしながらガタガタ震える始末です。

f:id:haruvivi:20150911235750j:plain

それでも、やはり広いところで遊ばせてあげたいと思うのです。


ということで意を決して行ってまいりました。

 

以降は決してこのようにあるべきだ!と決めつけるようなものではありません。

 

飼い主のマナーに対する意識の差

まぁ見事に未去勢のトイプードルにマウンティングされておりました。


ビビリのこむびさんは逃げようとするも速攻捕まりガタガタ震えて

ここで飼い主の対応にちょっと「ん?」という感じがしたのです。

 

最初にマウンティングされたときに流石に飼い主がどんな人物かわからないし
他所の犬なので叩いて叱り飛ばすようなことは出来ないので一生懸命引き剥がします。

 

未去勢だからかわからないですが同じトイプードルなのにウチの犬とは雲泥の力の差で
マウンティングしているのでなかなか剥がせません。。

 

そこに相手の飼い主がゆっくり歩いてきて「ほらほらだめでしょ~」的なぬるい感じで
引き離していたのですが、そりゃぁそんな感じでやったところでききゃあしないわけです。

 

2回目かまされた時点で撤退。

 

私なら相手の犬が嫌がっていたら速攻でうちの犬を叱り飛ばして次からやらないようにしつける。
けど、全員がそうではないのですよね、当たり前だけど。

 

10人いれば10通りの飼い方、しつけ方がある。
それが全て自分が納得できる飼い方であるとは限らない。

 

感じたこと

自分が正しいと思っていることを相手が必ずしもそう感じているわけではないということ。
それを相手に押し付けることは出来ないということ。

 

上記はドッグランじゃなくてもそうかなと思います。

 

ドッグランにおいては先ず外から暫く眺めて大丈夫そうかなと確認するのが必須だと痛感しました。


今回においては途中でいきなり小型犬ばかりのところにボルゾイを放った飼い主さんが居て
その方は他の小型犬をボルゾイが踏んづけてもスルーしたりとなかなかすごかったです。

 

【無料】ということはやはりそれなりのリスクを覚悟で行かなければならないことだと思います。
こむぎには申し訳ないことをしたなと夫婦で反省しました。

 

これからどうするか

うちのこむぎのように他の犬が苦手だったり気弱だったりする子には
ドッグランは些かハードルが高いですよね。

 

でものびのび走らせてあげたい。。


難しいところではありますが今のところ対策としてできることは少ないです。。

  1. 有料の貸し切りにできるドッグランを探す
  2. 早朝等、他の犬が少ない時間を狙って行く
  3. 行かない

結局のところ、対策らしい対策って無いのかなというね。。


なんだかなーーー
ビビリのこむぎでものびのび走らせてあげられる場所ないかなぁ。。